ムダ毛よりも気になる!?男子がゲンナリしてしまう女子のパーツ

ワキ

あなたは「今すぐ自分の『ワキ』を披露してください!」と言われたら、堂々と見せることができますか?さすがに夏も本番なので、ムダ毛の手入れはきちんとしているという方がほとんどでしょう。
しかし、実は男性が女性を見る時、「ムダ毛」よりも気になってしまっているのが、ワキの「黒ずみ」だということをご存知でしたか?「えっ!ワキって誰でも黒ずんでいるものじゃないの?」なんて言い訳はききません。そこで今回は、ワキの黒ずみケアについてご紹介します。

■ムダ毛処理が黒ずみの原因に

ワキが黒ずみやすい理由は、メラニン色素が多いためです。メラニン色素というと、「顔などのシミやそばかすの原因」というイメージが強いと思います。このメラニン色素は、紫外線以外にも、様々な『物理的な刺激』を受けることで活性化されます。

◆物理的な刺激とは…?

○服による摩擦
日常動作の中で自然に擦れてしまっているだけでも、肌は刺激を受けています。

○ムダ毛処理…以下の2パターンがあります。(※混合型もあり)
【毛抜きによるブツブツ型黒ずみ】
ムダ毛をピンセットなどで抜くことにより、刺激を受けた肌が炎症し、色素沈着を起こした状態です。埋没毛が発生しているためにブツブツしている場合もあります。

【剃毛によるくすみ型黒ずみ】
カミソリでムダ毛を処理する際に、目に見えない傷ができてしまい、それらが炎症を起こして色素沈着の原因となります。

○汚れの詰まり
鼻などの毛穴と同じように、毛穴に汚れが詰まってブツブツしてしまっている状態のこと。消臭スプレーやクリームなどが主な原因です。

○日焼け
顔の皮膚以上に、ワキは紫外線の影響を受けやすいパーツです。ノースリーブなどのワキを露出する服の際はもちろん、直接ワキが出ない服でも、紫外線の影響を受けてしまいます。

○肌の乾燥
意外かもしれませんが、ワキが乾燥しているという人がよくいます。乾燥は肌にとって大きな外的ダメージであり、くすみが生じる原因となります。

■自分の原因に合ったケア方法を始めてみましょう

◆ムダ毛処理は「肌に優しく」を重視!

ムダ毛処理が黒ずみの原因になってしまっていることが明らかである場合は、ムダ毛の処理方法を見直しましょう。以下のポイントに注意してみてください。

□ムダ毛処理の前に毛を柔らかくする(お風呂に入ってからがベスト)
□ボディクリームや脱毛クリームをたっぷり塗る
□切れ味の良いシェーバーを使う
□ムダ毛処理は毎日連続して行わない
□埋没毛にはスクラブを使用する
□処理後はボディクリームやオイルなどで保湿

「肌を傷つけずにムダ毛を処理するのが難しい」という方は、これを機に思い切って脱毛サロンに行ってみるのもよいでしょう。プロの手により、黒ずみまでキレイにケアしてくれます。

◆毛穴の汚れや詰まりが原因の場合はクレンジング

制汗剤などのつけすぎや、汚れの詰まりが黒ずみの原因となっている場合は、メイク落とし用のクレンジングオイルを使ってみましょう。先に湯船に浸かり、毛穴を開かせてから行うのがポイント。週に2~3回程度のケアが適切です。

◆保湿が何より一番大切

ワキの皮膚はとても繊細で、様々な外的ダメージを受けやすいパーツです。夏の間しか露出しない部分ではありますが、顔と同じくらいのケアを施してあげましょう。顔用の化粧水や美白基礎化粧品を使って丁寧にケアを続ければ、黒ずみは徐々に改善されていくはずです。ワキを露出しない服であっても、日焼け止めは一年中塗るようにしましょう。

ワキの黒ずみは1、2回のケアで劇的に改善されるものではありません。少しでも余計な刺激を与えないように注意しながら、毎日丁寧にケアをしてあげることが、美しいワキを手に入れるために必要不可欠なのです。根気強く頑張りましょう♪