吉瀬美智子のような“美背中”を手に入れる!ボディクリームの効果的な使い方とは?

ボディクリーム

大人の女性の色気が魅力で、誰もが憧れる美しさを持つ女優・吉瀬美智子さん。今夏のドラマの不倫シーンで、改めてその美しいボディ見惚れてしまったという方も多いでしょう。今回は、吉瀬さんのような美ボディを手に入れるためのコツをご紹介します。

■夏の肌も乾燥している!

冬は明らかに乾燥しやすいため、念入りにボディケアをしている方が多いと思います。一方、夏は「クリームやオイルはベタつくから塗りたくない」「汗をかいてばかりだから乾燥なんてしていない」と、完全放置されがち。

しかし、夏の乾燥を侮ってはいけません。夏の乾燥の大きな原因は、クーラーや扇風機の冷風です。特にクーラーは室内全体の空気が乾燥してしまうため、1日オフィスなどで過ごしているだけで皮膚の水分が多く失われてしまいます。

また、紫外線の影響もあります。紫外線をたっぷり浴びると、皮膚のターンオーバーが乱れ、水分保持力の弱い角層が出来上がってしまいます。そのほか、汗をかいたからと1日に何度もシャワーを浴びたり、ナイロンタオルで強く皮膚を擦って洗うことなども、乾燥肌の原因となります。

■ボディクリームで潤いたっぷりモチモチ肌に

夏にボディクリームを塗りたくないと感じてしまう一番の理由は「塗った後のベタつき」でしょう。それは、塗り方次第で解決できます。

◆ボディクリームはお風呂場で塗る

ボディクリームの利点は浸透率です。「ベタつき」が気になるということは、1回の使用量を間違っているか、塗るタイミングを間違っている場合が多いです。

ボディクリームを塗るベストタイミングはお風呂場の中。お風呂の中では、蒸気で肌全体が柔らかく、毛穴が開いている状態になっています。ところが、一歩お風呂場から出ると、瞬時に毛穴がキュッと引き締まり、急激に乾燥が進んでしまうため、クリームが浸透しにくくなってしまいます。

湯船から上がり、蒸気のあるお風呂の中で、肌が濡れている状態のまま(抵抗がある人は軽くタオルドライしてからでもOK)ボディクリームを塗りましょう。水分が残っていることで、少量のクリームでも背中やお尻、太ももといった広範囲も手早く塗ることができ、コストパフォーマンスが抜群に良くなります。

ボディクリームを塗り終えたら、吸水性の良いタオルでポンポンと余分な水分を吸い取りましょう。ゴシゴシと拭き取る必要は全くありません。

◆特に乾燥が気になる「肘・かかと・手指」は重ね塗りで完璧に

どうしても皮膚が硬くなりやすい肘・かかと・手指は、寝る前にさらに重ねづけをすると、保湿力が高まります。
特に夏場にガサガサしやすいかかとは、ボディクリームをたっぷり塗ってからサランラップで包み、10分ほど置きましょう。このスペシャルケアを週1~2回行うだけで、ガサガサかかとが改善されます。

思わず触ってしまいたくなるようなモチモチ肌をキープするには、保湿を怠ってもよい季節なんてありません。夏も気を抜かずにケアをしてくださいね。