ファッション豆知識!改めて考えると「ファッション」ってなんだろう?


ファッション

こんにちでは、「ファッション」という言葉が当たり前のように生活の中に飛び交い、生活必需品のようにつかわれていますが、改めて「ファッション」の意味を聞かれると、「ん??」となる人がほとんどなのでは?

はっきりした言葉では、なかなか現しにくいことも確かです。
そこで、今回はよりファッションを極める為に、その本質を勉強していきたいと思います!

■ファッションとは何をさすのでしょうか?

「ファッション」というと、『洋服』をまずメインに思い浮かべるのではないでしょうか?スタイリングをする際には、洋服をメインにアクセサリー、ヘアー、メイクを決めていくことが大体の方の流れだと思います。

しかし、ファッションとは洋服だけを指す言葉ではありません。
ライフスタイルすべてにおいて当てはまるものでしょう。
例えば、1日が始まる時に、その1日を“自分がランウェイ”考えると解りやすいかもしれません。
その日のショー(予定)に合わせて、自分のTPOを考えてスタイリングをする。
洋服のみならず、社会の流れ、自分の周りにあるもの全てを自分でクリエイトしていくことが「ファッション」そのものかもしれませんね。

■世の中の流れとファッションの関係

ファッション業界は、世の中の流れと非常に強い関係があります。「流行り」はその時の社会の流れをいち早く掴み、流行を作り出します。

世の景気が落ち込む前に、ファッションはいち早く情報を察知し、景気が落ち込んだ時には「ロング」が流行ります。では、景気がよくなる予感がしたら?
ちょうど最近で言うと、アベノミクスの緩やかな景気回復に伴い、ここしばらくは、全シーズン膝上、ミニに注目が向いています。今年はメンズまでもショート流行ですね。

ファッションは、生活に大きく関わっているものなのです。こんなふうに考えると、「ファッション」とはそんなにハードルが高いものではないのです。自分の生活を十分に楽しむこともファッションですね。