乳液+ファンデーションで夏の乾燥に負けない!


ファンデ

夏は皮脂の分泌量が増え、ベタつきやすくなるため肌が潤っていると思いがちですが、実は意外と乾燥しているのです。そんなときは乳液とファンデーションで保湿力を高めましょう。

■夏に乾燥を及ぼす原因

肌を出す機会が多くなる夏は、外気の影響を直接受けることになります。紫外線や汗の蒸発、オフィスや電車の冷房など肌にとっては過酷な状況に。エアコンや扇風機の風に直接当たると、その刺激で皮膚の水分が失われていきます。
また、暑い場所から冷房の効いた場所へ移動する際、汗が引いて乾いていく時に肌の水分と保湿成分が共に失われます。

■保湿力を上げる裏ワザ

朝、メイクをする前に肌の調子が悪かったり、何となく乾燥している気がしたら手持ちのファンデーションに乳液をプラスしてみましょう。ファンデーションはリキッドを選び、液体状のもの同士を混ぜ合わせることにより、ファンデーションに保湿機能がプラスされ、肌への浸透率が上がり、いつもよりみずみずしい肌に仕上がります。

■やり方はいたってシンプル

①乳液とファンデーションを混ぜる
基本的に1:1で混ぜ合わせます。自分の肌に合わせて、少し多めにしたり減らしてもOK。手のひらでしっかり混ぜて乳液状のファンデーションを作ります。

②顔にまんべんなく塗り込む
手のひらで顔全体にまんべんなく塗り、乳液の成分を浸透させましょう。鼻の下や顎周りなど忘れがちなとこもしっかり肌に馴染むよう、最後は両手で顔を包んで仕上げます。

注意点としては、塗りすぎにないことです。伸びの良いリキッドファンデは、少量でしっかりつくので塗りすぎないようにしましょう。化粧崩れが気になる人は、塗った後に軽くティッシュで顔全体をおさえて、余分な油分を取り除くと良いです。

メイクの色味だけでなく、ファンデーションも季節に合わせて変化させることが大切です。夏の乾燥に負けない肌で、暑い季節を乗り切りましょう!