メイクで簡単にできちゃう!?立体感のあるメリハリフェイスになる方法☆

ハーフ顔

外国人のような彫が深く、立体感のある顔に憧れたことがある人も多いのでは?目はくっきりしていて、鼻もシュッと高くて…。実はメイクだけで、こんな夢のような顔になれちゃうんです!!今回は立体感のあるメリハリフェイスになるための、簡単メイク法をご紹介します♪

◆ポイント1 眉毛

ハーフメイクで最も大切なポイントは「眉毛」だと言われています。彫が深いハーフ顔に近づくためには、アイブロウペンシルで眉下をしっかりと描いて、目と眉の距離を縮めていきましょう。さらに眉頭を少し描き足してあげることで、のっぺりとした平らな顔をカバーすることができます。濃く描き過ぎるとただの太眉になってしまうので要注意!!アイブロウマスカラやパウダーを使って、ふんわりと仕上げるのがポイント。

◆ポイント2 ノーズシャドウ

のっぺり顔を際立たせてしまっているのが、低い鼻…。そんなお悩みも、ノーズシャドウで解決できます!方法はとっても簡単で、眉頭の下から鼻先にかけてブラシで入れてあげるだけ。よりナチュラルに仕上げたいのなら、濃いめのべージュがおすすめ☆ノーズシャドウ専用のパウダーも売られていますが、お手持ちのアイシャドウでも代用できるので、気軽に挑戦してみて!!ただ、ラメ入りはNGです。

◆ポイント3 ハイライト

ノーズシャドウ×ハイライトで顔の凹凸を最大限に表現していきます。イメージとしてはTゾーン、眉上、目頭に入れると良いでしょう。また、自身の顔立ちに合わせて入れる箇所を変えてあげると、より立体感を出すことができます。Tゾーン、Cゾーン、頬の頂点、顎の先端など、際立たせたい部分に乗せるのがポイントです。おすすめはパール入り♪

◆ポイント4 チーク

ハーフメイクはアイメイクが濃いのが特徴。その分チークは控えめに入れてあげて!全てのメイクが濃いとキツくなってしまうので、チークを控えめにすることで、スッキリとした印象に仕上げてくれます。ブラシを滑らせるように軽く乗せ、ほんのり色付く程度が丁度良いチークのつけ方。

【顔のタイプ別 チークの入れ方】

・丸顔さん 
丸顔さんはなるべく面長に見せたいので、縦長に入れてみて!頬の1番高い部分から斜めに、楕円or勾玉をイメージして入れると綺麗に入ります。

・面長さん
面長さんは丸顔さんとは対照的に、“横に広く”をイメージして入れてみて!頬の外側から真ん中にかけて横に入れると、丸顔に見せることができます。

いかがでしかた?ポイントはたったの4つ!あなたもこれで、理想のハーフ顔になれるはず♪是非お試しを!!