恥ずかしい!!「ぐぅ~」と鳴ってしまうお腹の音を防ぐ方法☆


空腹

会議中や授業中、静かなときに限ってお腹って鳴ってしまいませんか?恥ずかしい思いをしたことがある人も多いはず。今回はそんな恥ずかしいお腹の音を防ぐ方法をお伝えします☆

◆腹式呼吸をする

これは立っていても、座っていてもできる方法!まず、背筋を伸ばして鼻からゆっくり息を吸い込みます。このとき、おへその下を空気を貯めるイメージで膨らませます。次に、口からゆっくり息を吐き出します。お腹をへこましながら体内の悪いものをすべて出し切るイメージで、吸うときの倍の時間を掛けて吐くのがポイント。

◆ガムを噛む&水を飲む

人間は体内の水分が足りなくなると、空腹感を感じる仕組みになっています。お水を飲むことで空腹感紛らわせ、お腹の音を防いでくれます。また、空腹感は血液中の血糖値が下がってしまうことが要因ではありますが、ガムを噛んで満腹中枢を刺激することでも和らげることができます。食事ができない移動中の電車でも、ガムなら気軽に食べることができますよね!ダイエットにも効果的です☆

◆おへその下を押す

根拠は明らかになっていませんが、おへその下の部分を直接指で押すと、85%音が止まるとの情報も!!他にも胃の周辺を拳で押すのも効果があるのだとか。一度試してみてはどうでしょうか?

◆姿勢を変える

特に音が気になるのは椅子や床などに座っているときだと思いますが、そのときにお腹を前に突き出すような感じで、背筋を伸ばして座ってください。オフィスなどでは目立ってしまうので、ほどほどの姿勢でOK!ちなみに、うずくまるような姿勢は逆に音が鳴りやすくなります。ご注意を!!

◆グミやチョコレートも効果的

少し固めのグミは噛む回数も増えるので、満腹中枢を刺激できておすすめ!チョコレートも血糖値を上げてくれるので、空腹感を一時的に紛らわせることができます。休憩時間などでもサッと食べられるので、バッグに1つ忍ばせておいてもいいかもしれません。

これで恥ずかしいお腹の音を軽減することができるはず!!あなたのスタイルに合った方法を試してみて♪