体のSOSを見逃すな!!意外と気付かない体の疲労サイン


疲労

あなたは体が出すSOSサインに気付いていますか?早めにそのサインに気付いてあげないと、体調を崩してしまいます。毎日仕事や勉強を頑張ることは良いことですが、頑張り過ぎは禁物!!今回は体が出す疲労サインをまとめてみました。思い当たる症状があった人は、しっかり心と体を休めてくださいね。

◆眩しいと感じるor目が疲れる

疲労が溜まると、その症状は目に出やすくなります。普段何ともない室内の灯りや、パソコンの画面などが眩しいと感じることはないですか?眩しいと感じた日は、できるだけ早めに就寝するように心掛けましょう。また、目を酷使すると、ピント調節に関わる筋肉が疲労感を覚え、ものを見る時に必要な成分や働きが低下してしまいます。きちんと休養を取らないと慢性的な眼精疲労に陥ってしまうケースもあります。

◆肩こり、頭痛を

肩凝りや頭痛などといった症状は、すぐ治るだろうと軽く考えてしまう人が多いようです。しかし、これらの症状もしっかり体を休めて治すことが大切。また、疲れを溜めたままにしておくと、肩こりや頭痛だけでなく、食欲不振や集中力低下などの症状が現れることもあります。気を付けましょう!

◆眠れない・眠りが浅い・寝ても疲れが取れない

これら3つの症状は、睡眠障害のごく初期に見られるもの。初期症状の段階できちんと対処しないと、不眠や鬱になってしまいます。早めの対処が大切です!

◆ささいなことでイライラしてしまう

普段だったら怒らないようなことでも、イラッと感じてしまう時というのは、精神的に追い詰められていたり、余裕がなくなっているサイン。

◆唇の荒れ、口内炎

疲労によって免疫力が低下していると出やすくなります。しっかりとした休養を取るのももちろんですが、食事にも気を配りましょう。特に緑黄色野菜をたっぷり摂ったり、ビタミンB群やビタミンCを含む食品を積極的に摂取したりして、免疫力アップを!症状が酷い場合は、病院に行くことをおすすめします。

どうでしたか?思い当たる症状があった人は要注意!疲れのサインに気付いたら、早めに対処しましょう。