すっぴんマスクは危険!?実はマスクが肌トラブルを引き起こしているかも…


マスク

すっぴんの日、ついついマスクで顔を隠してしまっていませんか?保湿効果があって良さそうなイメージがありますが、間違った使い方をしていると肌トラブルの原因になってしまいます。正しいマスクの着け方を覚えて、肌トラブルを防ぎましょう!!

◆マスクによる肌トラブル

・ニキビや吹き出物ができやすくなる

マスクを着けることで肌は蒸れて、皮脂分泌が盛んになります。これにより細菌が増殖し、ニキビや吹き出物ができてしまいます。

・肌の赤みや痒みの原因に

普段薬局などで売られている使い捨てマスクは不織布で作られており、ゴワゴワとした肌触りのものがほとんど。それが擦れることで、肌は過剰な刺激を受けます。特に肌が弱い人が長時間マスクを着用すると、皮膚が赤くなり、痒みを感じるようになります。また、ゴムの部分やマスク上部のワイヤーによって、肌荒れを引き起こすことも…。

・肌が乾燥しやすくなる

マスクは肌を乾燥から守ってくれそうですが、逆に乾燥肌になってしまうこともあります!これは、吐いた息が蒸気となって顔に付着したものが乾き、肌から水分を奪ってしまうから。

◆マスクの正しい着け方

これまでマスクによる肌トラブルを紹介してきましたが、正しく着用すれば美容効果が期待できます。紫外線からお肌を守ってくれたり、お肌を保湿してくれたり…。今度は正しいマスクの着け方をお勉強しましょう☆

・マスクはこまめに取り替える

使い捨てマスクはこまめに交換を。1日1枚を目安として使うと衛生的です。同じものを2日以上使うことは絶対にしないで!!

・締め付けが弱いタイプのマスクを使う

お肌に刺激を与えないためには、適度に余裕のあるマスクを選ぶことが大切です。立体的な形のものがオススメ☆また、不織布ではなく柔らかいガーゼで素材作られたものの方が、お肌に良いんだとか!

・化粧水をつけて保湿効果を高める

マスクをつける前に、化粧水やミストでケアをしてあげえると保湿効果を高めることができます☆また、マスクに直接アロマスプレーを吹きかけてあげると、保湿だけでなく、香りの力によるリフレッシュ効果も期待できます!

・リップバーム塗る

お肌だけでなく、唇もリップバームを塗って保湿を!普段よりも多めに塗ると、うるツヤ感もUPしますよ。

いかがでしたか?使い方さえ間違えなければ、マスクも美容の味方になります♪これを機に、一度マスクの着け方を見直してみてはどうでしょうか?