毎日のケアが重要だった!!カラーリングを長持ちさせるシャンプー法


カラーリング

せっかく綺麗にカラーリングしたのに、すぐに色が抜けてしまった…なんて経験ありませんか?しかし、それはシャンプーの方法を見直すだけで防ぐことができるんです!!カラーリングを無駄にしないためにも、この記事を参考に日々のシャンプーを見直しましょう。

◆カラーリングした日は髪の毛を洗わないようにする

サロンでカラーリングすると「今日はシャンプーはしないでくださいね」と言われませんか?薬剤で脹らませた髪の毛の中に、色の粒を入れるのがヘアカラーの仕組み。カラーリング直後の髪の毛はまだ膨らんでおり、見ずに馴染みやすい状態になっています。そんなときにシャンプーなんかしたら、一発で色落ちしてしますよね…。そんな理由から、美容師さんはシャンプーをすすめなかったんです!しかもカラーリングをして24時間以内のシャンプーは、髪の毛に大切なタンパク質まで洗い流してしまいます。色持ちのためだけでなく、髪の毛の健康のためにも24時間以内のシャンプーは控えましょう!

◆熱いお湯で洗わない

洗い流すお湯の温度が高いと、カラー剤が抜けやすくなってしまいます。カラーリング後の髪の毛は普段以上に敏感なので、気を付けましょう。

◆髪の毛が水に濡れている時間を最小限に抑える

カラーリングをして数日経ったとしても、まだまだ色は抜けやすい状態です。水に濡れているときというのは、どうしてもカラー剤が流れ出てしまうので、シャンプーは短時間で終わらせ、すぐにドライヤーで乾かしてあげてください。

◆トリートメントのやり過ぎに注意!!

カラーリングで髪の毛が傷んでいるからと、トリートメントをつけたまま時間を置くのはNG!!カラー剤と共に、タンパク質も流れ出てしまうので逆効果です。

◆トリートメントは洗い流さないタイプを

ダメージが気になるときは、洗い流すトリートメントを長時間つけたままにするのではなく、洗い流さないタイプでケアを!!特にオイルタイプがおすすめ☆カラーリングでパサパサしてしまった髪の毛をなめらかにしてくれます。

◆毛先ではなく頭皮を洗う

毛先の汚れは水だけでも十分綺麗になります。それよりも、皮脂などが気になる頭皮を中心に洗うことを心掛けてください!

◆ヘアワックスも色落ちの原因に

ワックスをつけると、どうしても洗い流すのに時間が掛かってしまい、髪の毛が水に濡れている時間が長くなってしまうことに…。できれば、カラーリング後の数日間はワックスは我慢して!!

◆ヘアカラー用シャンプーが色落ちを促進していることも

“ヘアカラー用”とか“ダメージヘア用”として売られているシャンプーがありますが、そうしたものは成分表示に要注目!“ラウリル硫酸”や“ラウレス硫酸”と書かれているシャンプーはカラーを退色させてしまいます。パッケージや香りなどに惑わされずに、配合成分に注意して選びましょう♪

日頃のシャンプーを少し気を付けるだけで、かなり色持ちは変わります!色落ち防止だけでなく、髪の毛の健康のためにも、今日からシャンプー法を見直してみてください☆