良い女はベッドでも香る…おやすみ前の香水が色気を作る

ベッド

寝る前に香水をまとう…これであなたも良い女に。これを習慣づけると、自然と女の色気を醸し出すことができるんです。今回はそんな新習慣のすすめをお伝えします♪

◆就寝前に香水という新習慣で良い女に…

香りがキツくて眠れなくなりそう…そんなふうに思う人もいるかもしれませんが、体やシーツにサッと付けてあげるだけで、アロマテラピーと似たような効果が得られます。また、日中の香水の香りを長持ちさせたいのなら、就寝前に香水をつけると良いでしょう。翌朝、再び同じところに重ねて付けてあげると、ふんわり長持ちしますよ!一度にたくさんの量をつけるよりも、ふんわりと香るので周囲の迷惑になりにくい!!更に嬉しいのが、ローズ系やフローラル系の香りのものを付けてあげると、女性ホルモンの分泌を活性化させてくれるんだとか。

◆香水を付けるときのポイント

・日中とは違う香りを

日中に使っている香水と就寝前に使うものは、違うほうがが好ましいです。仕事&遊びモードとリラックスモードなどと香りを使い分けることで、気持ちや心身の切り替えをしてくれます。就寝前にいつも同じ香水を使っていると、その香りを嗅ぐだけで眠たくなる習慣ができるかもしれません。シーン別に使い分けてみて!!

・内股と耳裏に付ける

香水は内股と耳の裏側にほんの少しだけ。その香りに包まれながら眠ると「ああ、自分は女なんだ」と、女性であることの幸せがじわじわと生まれてきて気分が高まるのだとか…。

◆悩み別に香水を使い分ける

・疲れているとき

毎日の仕事でのストレスや疲れには柑橘系をメインとした香りのものが良いでしょう。ストレスや疲労をほぐし、リフレッシュさせてくれる効果があります。

・ストレスでイライラしているとき

「イライラした気持ちを落ち着かせたい…」そんなときは、フレッシュフローラル系やウッディフローラルの香りがオススメ☆ほんのりバニラの香りが利いたものなどが良いようです。

・マンネリした毎日で、若々しさが足りないとき

みずみずしいフレッシュなベリー系の香りで若さを取り戻しましょう♪ベリーなどがたっぷり入ったフルーツ系は、気分をリフレッシュさせてくれと同時に、若々しさを与えてくれます!

寝る前の香水は嬉しいことだらけ!心身の状態によって香りを使い分けると、より効果を感じることができます。就寝前の香水で、色気溢れる女に生まれ変わりましょう。