イメチェンで気分一新!髪型には人間の心理が現れている!?

イメチェン

季節の変わり目や、何か大きな出来事をきっかけに、「髪型を大胆にイメチェンしてみたい!」と思ったことはありませんか?日本では、学生が謝罪や団結の意を込めて坊主にしたり、先日はある有名人が謝罪会見に臨むにあたって長髪をバッサリ切ったことが話題となりました。

ここまで大きな理由はないにしても、「大人びたイメージにしたい」「若く見られたい」といった目的を持ってイメチェンを試みる女性は多いでしょう。
そこで今回は、髪型に秘められた人間の心理についてお話します。

■イメチェンで性格も変わる?

イメチェンをする目的の多くは、今までの自分とは異なる自分を他者へ演出することでしょう。また、「今までの自分とは決別したい」という強い意志の現れでもあります。心理学においても、イメチェンはとても効果があるそう。

見た目の印象が変わることにより、周囲の人が抱くイメージや接し方にも変化が生まれ、それに合わせるようにイメチェンをした人自身の中身も自然と変化していくことがあると言います。
また、頻繁にヘアスタイルを変えやすい人は、「今の自分に何か不満を抱えている」という心理の現れだそうです。

「大人しいイメージを払拭して、仕事バリバリ人間だと思われたい」、「あまり女性扱いされることがないので、かわいらしくなりたい」といった具体的な願望がある方は、まず髪型から変えてみると良いでしょう。

■ショートカットは活発で自信家

ショートカットは、人前に見せる顔の面積が広いため、容姿も含めて自分に自信があったり、他人と自分を見比べたりせず、ありのままの自分を認められる性格の人に多いと言います。

また、人付き合いが上手で、明るく活発的なイメージを抱かれやすくなります。特に耳に髪が掛かっていない人は、「周囲の人の意見を聞きたい」という心理の現れとして受け止められるため、社交的な人という印象を与えるそうです。

■ロングヘアは計算高い?

一方、ロングヘアは女性らしさの象徴です。そのためロングヘアを好む女性は、自分自身を客観的に観察し、「こう振る舞えば、このようなイメージで見られる」といったところまで考えられる、しっかり者が多いそう。決して自分に自信がないわけではなく、自分を抑えてまでも他人からのイメージを優先する、計算高い女性なのです。これは悪い意味ではなく、芯が強く、自分と周囲の人との関係を冷静に判断して行動できる賢い女性だということです。

ロングヘアは周囲の人に、女性らしい、可愛らしい、お嬢様っぽいといった印象を与えます。しかし、長い髪で耳まで覆い隠してしまうと、あまり社交的でなく取っ付きにくいというイメージを与えてしまうので、交友関係を広げていきたいと考えている人は、髪型のアレンジに一工夫加えることをおすすめします。

いかがでしたか?
これからイメチェンをしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪