残業が増える=体重が増える!そんな方程式を変えるコツ


残業

残業が増えたり、夜遅くまでバイトをしたりすると、いつの間にか太ってる・・・なんてことありますよね。こんな時間に食べたらダメだと分かっていても、ついつい手がのびちゃう。でも、食べ方次第では太らずに体重をキープ出来るのです!

■22時~深夜2時は「魔の時間」

夜遅く食事をすることは、必ず体重の増加につながります。中でも、22時から深夜2時頃は最も危険な時間であり、脂肪を合成すると考えられる体内のたんぱく質BMAL1が活発に働きます。とは言え、一生懸命お仕事をしていたらその時間にお腹がすいてしまうのは仕方がないですよね。仕事後の晩酌を楽しみに頑張っている、という方もいるはず。少しでも太らない食べ方をマスターしましょう!

■軽めの夕食と軽めの夜食、分食で乗り切る!

夕食が遅くなると胃に何もない状態の時間が長くなり、軽い飢餓状態になってしまいます。それが続くと、次の食事の吸収率が普段以上に高くなってしまいます。そのため、残業するときは一般的な夕食時間の6時~7時頃に、主食やたんぱく質を中心に食事をしましょう。そして、家に帰ってから野菜や豆腐、納豆など植物性たんぱく質を食べるようにします。脂質の少ない刺身や汁物、煮物も大丈夫です。
そして大事なのが、どちらとも軽い食事にすること。夕食か夜食をがっつり食べてしまっては、分食の意味がありません。

■ながら食べはNG

仕事の合間に食事をするとなると、パソコンを見ながら食べることが多いかもしれません。しかし、それも太る原因のひとつ。噛む回数が減ってしまうことになり、食べるペースが上がり、満腹中枢への刺激が遅くなることで満腹感を得られなくなります。食べることよりも他のことに集中することがダメなので、見ながらでも食事に集中してしっかり噛んで食べるようにしましょう。

遅くまで仕事をしているのだからこれだけ食べても大丈夫、とは思わないように自分の身体のために出来ることを始めましょう!