『内股=女の子っぽい』は大間違い!内股はおブスへの近道だった!?


image

梅雨がきて、初夏の気温になりつつある今日。今年はどんなサンダルを履こうか、わくわくしながら靴を選ぶのは女の子にとって楽しい瞬間☆

…その足元にちょっと待った!!
つま先をよく見て見て!気づかぬうちに、「内股」になっていたりしませんか?
ぶりっこのようにやり過ぎは別として、確かに少しつま先が内側に向いた内股は、女の子を可愛らしい雰囲気に見せてくれます。
ドラマのヒロインも、某あざと可愛いと言われたような可憐で守りたくなるようなキャラであれば、きっと少しだけつま先が内側を向いていたりもするでしょう。
しかし!内股はおブスなスタイルを作りやすくしてしまうといわれているんです…!

■内股がおブスになる理由

内股になると、まず骨盤が広がってしまいます。骨盤が広がる事によって、内臓が下がる→下腹がぽっこりと出る→猫背になる…
と様々な所に影響が出てきます。
また、筋肉もバランス悪く負担がかかり、おしりが下がります。おしりが下がる事によって悲しいことに脚は短く、太ももが太く見えます。

■見た目だけじゃない!?体の内側もおブスに!?

それだけでなく、下垂した内臓に腸や子宮が圧迫され、便秘や生理不順の原因や、内臓が正しい位置にない事で内臓機能や代謝が悪くなり低体温になる場合もあるのです。
体が冷えていると脂肪がつきやすくなってしまうので、結果見た目にも影響してきてしまいます。
一見可愛らしい内股にはこんな弊害があったなんて…!

■簡単にどこでもできる予防・改善法

1.かかとをくっつける

2.つま先を軽く(30度ぐらい)開く

3.膝をくっつけお腹を上に引き上げる気持ちで背中をまっすぐ伸ばす

この3つを意識するだけで、内股の人は普段使っていない筋肉が使われているのが実感出来るはず。まずは生活の中で気がついた時に意識してみることから始めましょう。
電車の中で、赤信号で立ち止まった時、歯を磨いている時…。立ち止まるシーンがあったら、この3つを思い出してみて下さい。

また、骨盤の歪み方や開きにはそれぞれ個人差があるので、骨盤矯正サロンや整体など、プロに一度カウンセリングをしてもらうのもオススメです。

内股やO脚、X脚は見た目だけでなく体の内側にも影響してきます。
何気なく見ていたつま先に意識を向けるだけで、ぐんと美人になれる秘密が転がっています。
オシャレは足元から。と言うように靴だけでなく、つま先からも美のメッセージを受け取ってみてはいかがですか☆