たまにはいいかも!お手紙で大切な人に温かいメッセージを送ってみませんか?

手紙

今では当たり前になったメールやアプリケーション。今ではめっきり手紙を書くことは減ったのではないでしょうか。確かにメールやアプリケーションは便利ですが、あえてお手紙で、素直な気持ちを文字に書き表してみませんか?便利になったからこそ再発見できる、お手紙の魅力をご紹介☆

◆お手紙のすすめ

どんどん社会は便利になり、今では時間や場所を問わず、誰とでも幅広く連絡が取れるようになりました。利便性が高くなる一方で、人とじっくり向き合う時間も減ってきている現実…。何だか寂しいですよね。頻繁にお手紙を書くのは難しいけれど、誕生日・記念日・入学・卒業など、特別な日には感謝やお祝いの気持ちを文字に認めて、相手に伝えてみてはどうでしょうか?日頃は伝えられない気持ちもストレートに表現できるかもしれませんよ!

◆お手紙の魅力

・気持ちがしっかり伝わる

メールも手紙も同じ文字ですが、手書きの文字って、なぜだか温かみがありますよね。「相手が私のことを思って書いてくれたんだ…」と思うと、手紙って本当に貰って嬉しいもの。封筒や便箋からはその人のセンスや趣味も分かるので、場合によって封筒・便箋を使い分ければ、一層気持ちも伝わるはずです。また、友達や彼とケンカしてしまった…なんてときにお手紙を書くことで仲直りはもちろん、より絆を深めることができるかもしれません。

・何度も読み返せる

メールも読み返すことはできますが、やっぱりお手紙は形として残るので、とても特別なものに感じますよね。また、メールなどと違って謝って削除してしまった…なんて心配もないので安心です。

◆最後に…

どんなに短くてもいいんです。手書きの文字から、あなたの気持ちはきちんと相手に伝わるはずです。メールやSNSで素早く連絡を取るのもいいけれど、そんな時代の今だからこそ、あえてお手紙で温かいメッセージを送ってみては?