水を飲んで綺麗になる!無闇に飲んでも効果薄…目的に応じた水選びが重要!


ミネラルウォーター

健康や美容、ダイエットの為に毎日ミネラルウォーターをたくさん飲むように心がけている人もいるのではないでしょうか?
しかし、一口にミネラルウォーターと言っても様々な種類がありますよね。もちろん、それぞれに効果効能が違うということはぞ存じでしたでしょうか?
今回は目的別に飲むミネラルウォータオーの種類について紹介したいと思います!

■2週間で体をリセット!

水を飲むことがなぜ健康や美容に効果的なのかというと、それは体内の水分との関わりにあります。
私たち人間の体は全体の約70%を水分が占めていると言います。そして、その体内の水分は約2週間で全て入れ替わるんだそうです。
つまり、いつも新鮮な水分をたっぷり摂取していれば、体内もサラサラでクリアな環境でいられるというわけなんです。
体内循環がいいと、代謝もあがり体内に余分なものを溜め込まない巡りの良い体質になれますので、ダイエット効果も期待できます。

■目的別!お水の選び方

目的に応じてミネラルウォーターを選ぶことで、より効率よく効果を得ることができます。
それではそれぞれ確認していきましょう!

◎ダイエットの場合

水は軟水と硬水に分けられることができるのですが、これは水中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量(カルシウムイオンとマグネシウムイオンの量)できまります。
つまり、これらの成分が豊富に入っている「硬水」がダイエットには最適です。

ミネラル分が便をやわらかくし排便を促すのに役立つため、便秘解消に大きな効果を発揮します。
しかし、硬水はヨーロッパで主に飲まれていて、普段から飲み慣れていない日本人はお腹を壊してしまう可能性も。
胃腸が弱い方は気をつけて摂取するようにしてください。

◎美容の為には

ミネラルウォーターは硬水か軟水かということの他に、水素イオンの濃度指数であるpHでも分けることができます。
このpHでアルカリ性か中性か酸性かということがわかります。美容には数値が高い水、つまり「アルカリ性」の水がぴったりです。

pH値は0から14までで表されるのですが、pHの数値が小さい方から、酸性→中性→アルカリ性となります。

■いかがでしたか?

目的によって注目すべき成分が変わってくるので、成分表をきちんと確認してから水を選ぶようにしてくださいね!
また、全部一貫して言えることは、「常温のものをゆっくり飲む」ということ。キンキンに冷やした水は内蔵や体を冷やすことになるので、逆効果です。
皆さんもお水をたくさん摂って、健康で美しくなりましょう!