足痩せしたい!!座り方・立ち方を直して下半身をスッキリ


足痩せ

1日中座りっぱなし、立ちっぱなしというのはよくありますよね。それが女性の下半身太りにつながっているのです!正しい立ち方と座り方で足痩せしちゃいましょう。

■下半身太りにつながる恐ろしさ・・・

座っていることが多い方は、血行が悪化して脂肪の排出力が下がるでしょう。そしてついついやってしまう脚組みは、冷えやむくみの症状が現れやすく、脂肪がつきやすくなってしまいます。また、膝と膝が離れていると、太ももの内側の筋肉が使われずどんどん衰えてたるんだ太ももに。
立っている時間が長いと、だんだん前重心になり体重を太ももの前で支えなくてはならず、太ももが太くなってしまいます。猫背や巻肩も身体全体の代謝を下げる原因に。

■意識を変えるだけで痩せるかも!

○正しい座り方

・骨盤を立て、背筋を伸ばして姿勢良く
・膝と腰の角度を90度にして、膝をくっつける
・いすに深く腰掛ける
・机と椅子の間を開けすぎない
・あごを引いて肩の力を抜き、お腹をしめお尻に力を入れる

○正しい立ち方

・両足を肩幅に開き、背筋を伸ばして胸を張る
・頭を上から吊られているイメージでまっすぐに立ち、お尻をしめる
・脚をしっかり閉じて太ももの内側の筋肉を使う
・テニスボールをはさむ感じであごを引く
・おへそ2センチ下に力を入れて引っ込める

正しい座り方と立ち方を意識すると、インナーマッスルが鍛えられて脂肪を燃焼しやすくなります。座っているだけ、立っているだけで痩せるなんて実践するしかありません!

■座り方の工夫

タオルを使った座り方で、むくみ予防になります。太ももの真ん中からお尻、腰にかけてかかるように厚手のタオルを敷いてください。薄手のものなら2枚重ねましょう。その上に座ると、太もも裏が圧迫されずむくみを防止することが出来ます。

いかがでしたか?座ったり立ったり、日常の基本動作を意識的に行うことできっと足痩せにつながります。