カラートリートメントを上手に使って、サロン帰りのカラーを持続!


カラートリートメント

皆さんカラートリートメントってご存知ですか?名前の通り、トリートメント剤でカラーが出来るものです。新しいカラーの仕方をご紹介!

■カラートリートメントとは?

カラートリートメントはヘアマニュキュアと同じく半永久染毛料に分類されます。髪の表面と内部に成分を浸透させるヘアマニュキュアとは違い、カラートリートメントは髪の表面だけに色を入れます。髪をトリートメントしながら染められるということで、髪や頭皮へのダメージが最も少ないのです。

■カラートリートメントの効果的な使い方

市販のヘアカラーのようにお家でのヘアチェンジにも使えますが、おすすめなのはサロンで染めた色を維持するのにトリートメントをすることです。もともと暗い髪色だったり、ブリーチなどをしていない髪の場合、カラートリートメントだけでは十分に染めることが出来ません。そこで、サロンで染めたカラーと同じ色味のものを週1回のペースで塗ると綺麗な髪色がキープできます。

■ダメージレスなカラー剤

カラーをするとなると、どうしても傷みが気になりますよね。しかしこのカラートリートメントは、つければつけるほど髪にツヤと潤いが出てきます。色が抜けてきたな、と思ってすぐに美容院行くのではなく、カラートリートメントをすると髪を傷めることなく染められますね。

■期間限定で楽しめる

カラートリートメントのデメリットである、色持ちが悪い点。しかしこれを上手く活かすと、夏休みの数週間やイベントの時だけ派手なカラーにしたい時には大活躍。シャンプー後に髪の水気をしっかりとって10~15分ほどパックするだけで、簡単にイメージチェンジが出来ます。毛先だけ、髪の内側だけなど、ポイントカラーにもおすすめ。

カラートリートメントには、派手な色やオーソドックスな色などさまざまな種類があります。自分の好みに合わせて選んでみてはどうですか?