暑い日の香水ってどうしたらいい?夏でも快適に香りを楽しむ方法!!


香水

暑い日が続き、汗が気になる季節となってきました…。日々香水をつけて香りを楽しんでいる日人も多いと思いますが、そんな日の香水ってどうしていますか?「汗と香水が混じって変な匂いにならないかな…」なんて心配している人も少なくないはず!!これからの暑い季節でも、快適に香りを楽しむ方法をご紹介します☆

◆暑い汗が吹き出す日に香水って大丈夫なの?

実は、汗は香水の香りを劣化させる原因になっていました!! 汗のせいで香水の匂いは濁りやすく、夏場は高い湿度と温度で香水の香りが広がりやすい季節なんです。高温多湿で香りが出過ぎてしまうと、たくさん香水をつけていなくても臭い人になってしまいます…。

◆暑い日に快適に香りを楽しむ方法

暑くても、素敵な香りを楽しみたいですよね。快適に香りを楽しむ方法をご紹介!

・軽いタイプの香水を使う

夏場は香り過ぎを防止するため、アルコール濃度が低めのオードトワレやコロンがオススメ☆濃度が低いと言っても、ある程度のアルコール濃度があるため、つけたときに清涼感を感じられます!

・つけ方にも工夫を

暑い日は香りやすいので、下半身と上半身にわけ、香水を付けると良いでしょう。下半身に付けると、香りは柔らかく持続もやや長めになります。また、上半身に付けると、香りはしっかりと香ります。
*下半身・・・膝の裏、足首、ウエスト
*上半身・・・肩、手首

・日光に注意!

香りとは関係ありませんが、直射日光の当たるところで香水をつけるとシミの原因に!夏場は露出が増えます。布で隠れる部分に香水をつけましょう。

・制汗剤の香りにも気を付けよう

夏場は香水と一緒に香り付き制汗剤を使う人も多いと思いますが、2つの香りが混じると変な匂いとなってしまうので注意が必要です。制汗剤を使う際は、無香料タイプやロールオンタイプのものを使うことをお勧めします!

これで夏も快適に香りを楽しめますね!!以上のことに気をつけて、素敵に香る女子を目指しましょう♪