自家製ピクルスでスッキリダイエット!綺麗を作るお酢の力で、夏の疲れを吹き飛ばせ!

ピクルス

だんだんムシムシと寝苦しい夜も増えてくるこれからの季節。朝起きてもなんだか体がか体がダルイ、疲れたが抜けていないと感じることもあるかもしれません。

そんな時に是非意識して摂ってほしいのは「お酢」です。
以前「甘酸っぱくて美味しい!夏の健康&綺麗はお酢を使った『サワードリンク』で決まり!」でも紹介したように、お酢は疲労回復に大きく貢献してくれるので、夏の暑さで疲れた体にはかなりオススメ。

そこで今回はお酢の効果的な摂り方として自家製「ピクルス」を紹介したいと思います!

改めて知るお酢の力

上にあるようにお酢に疲労回復の効果があることはよく聞く話ですよね。
お酢に含まれる「クエン酸」が疲労の原因でもある乳酸の生成を抑制したい分解することによってスッキリと体調を整える事が出来るんです。

お酢の効果で期待できるのはなんといってもダイエット!
食酢の主成分である酢酸が、脂質の合成抑制および燃焼促進を誘導し、肥満気味の方の内臓脂肪を減少させます。

お酢を毎日大さじ1杯摂りつづける事で、確実にその効果を実感できるそうです!

ピクルスを作ってみよう!

効果的にお酢を摂りいれる方法としてオススメなのが「ピクルス」です。
酸っぱい物が苦手でピクルスもあまり得意じゃないという方でも、自家製なら酸っぱさも加減できるので無理なく食べて頂けると思います!

それではさっそくピクルスを作っていきましょう!

◎材料

◆野菜
きゅうり
大根
ニンジン
パプリカ
(お好みの野菜でOK!)
◆香辛料
粒コショウ
グローブ
鷹の爪
ニンニク
ローリエ
(香辛料もお好みで)
◆ピクルス液
砂糖  大さじ4
お酢  200cc
水   180cc
塩   小さじ2

①ピクルス液と香辛料を鍋に入れ火にかけます。
煮立ったらすぐに火を止めます。
②スティック状に切った野菜を煮沸消毒した清潔な瓶に縦に詰めていきます。
③先ほどのピクルス液で野菜の入った瓶を満たします。
④粗熱が取れたら冷蔵庫で保存。半日から食べられます!

酸っぱいのが苦手な方は砂糖を増やしたりして調節してください。
ピクルスを取り出す際に綺麗なお箸などを使って入れば、2週間ほど保存可能です!

皆さんも是非試してみてくださいね♪