ハイヒールって実は危険?身体に与える悪影響とは・・・


ハイヒール

ハイヒールは女性にとっての憧れであり欠かせないアイテムですよね。しかし履き続けると足だけでならず、全身に悪影響を及ぼすというのはご存知でしたか?その原因と対処法をご紹介します。

■女性がハイヒールを履く理由

女性にとって履くだけで脚を長く綺麗に見せるハイヒールは、ファッションアイテムとして欠かせません。女性らしいフォルムのため、セクシー度がアップしたり、気持ちも引き締まったりします。ハイヒールを履くことで足はかかとを高くあげたようなつま先立ちの状態になり、ひざの位置があがることで全体のバランスを良くしてくれるのです。

■ハイヒールが与える悪影響

○外反母趾・内反小趾

足の動きとともに、身体の重心も足の後ろから前と移動します。長時間ハイヒールを履き続けると、重心が前に偏りすぎてしまうため外反母趾発生の原因になります。外反母趾になることで、足の甲や足首、膝や腰にまで傷みが出てきたり、歩行がしづらくなったり転倒しやすくもなります。また、小指が親指側に曲がる内反小趾の恐れも。

○むくみ、姿勢が悪くなる

日頃ハイヒールばかり履いていると、ふくらはぎの筋肉が張ってしまいアキレス腱に炎症が起こりやすくなるそうです。ひざの傷みをかばうため、背中を丸めて猫背になり姿勢が悪くなることもあります。

○ひざの関節痛・腰痛

高いヒールの靴は、ひざを伸ばして立つためには脚の指に力を入れる必要があります。長時間となるととても辛い姿勢のため、ひざや腰に負担がかかります。若い頃からハイヒールを履いて骨格が歪んでいる人は、妊娠してから腰痛などで苦労し、重い生理痛や尿漏れに繋がります。

■正しいハイヒールの履き方

○サイズとヒールは自分に合ったものを

高いヒールのものは魅力的に見えてしまいますが、ヒールの高さやサイズは必ず自分に合ったものにしましょう。履きたいヒールの高さまでかかとを上げて、バランスを崩さずに歩くことが出来るかをチェックしてみましょう。

○インソールを敷く

100円ショップでも売っているようなインソールを、自分に合うようにカットして両面テープで固定します。シリコン素材や衝撃を吸収しやすいやわらかい素材のものなど、自分の足に合ったものを使いましょう。

いかがでしたか?素敵なハイヒールを上手に履きこなせるような女性に近づきましょう!