夏の『何となくダルイ…』その不調、放っておくと大変な事になりますよ!

夏バテ

暑い夏、オフィスや家だけではなく、街ではどこの建物に入ってもガンガンに冷房が効いていますよね。ありがたい反面、やはりマイナス作用も大きいもの。
一日オフィスで働いた後、夕方になると足がパンパン…。朝起きた時まぶたが腫れぼったい…。なんとなく体がダルく重たい…。そんな経験をしている人も多いのでは?
今回はその『夏の不調』の原因を探ってみましょう!

◆水、飲み過ぎ注意?

夏は体の水分調節が難しい季節でもあります。体に水分量は美容や健康にとても大きな影響を及ぼすので、きちんと調整しなければなりません。

美容やダイエットに関心のある方は特に、毎日意識的に水をたくさん飲んでいる人もいると思います。
しかし、いくらたくさん水を飲んでもその水が汗やおしっこなどで排出され循環しないと意味がありません。逆に行き場の失った水は体内に留まる事になるので、それがむくみや冷えに繋がってしまうのです。

水分を摂るのはいいことですが、その分運動や半身浴などでしっかり汗を流す様に心がけましょう!

◆やっぱり怖い「冷え」

やはり夏の不調の一番の理由が「冷え」です。
冷房や冷たい食べ物・飲み物で体は思ったよりもグッと冷えてしまっています。
冷えは自律神経の乱れも引き起こす事になるので不眠や食欲不振、倦怠感などを招くことに。また、生理不順や偏頭痛、便秘など女性にとってツライ症状も。

夏の冷え対策としては、内から外からとにかく身体を温めることが大切です。
冷房の強いオフィスでは羽織りものを常着したり、氷のたくさん入った冷たい飲み物を避けるようにしましょう!

そして、体を内側から温めてくれるショウガやニンニク、唐辛子などを意識的に摂る事を心掛けましょう。
逆に、南国フルーツやパンや麺などの小麦製品は体を冷やしてしまうので注意が必要です。

◆その日の疲れをその日のうちに!

“夏疲れ”という言葉もあるように、夏の疲労はどんどん蓄積していってしまうもの。
夏中ずっと調子が悪いとか夏の終わりには毎年大きな風邪をひくという人は日々の疲れが上手に取れていない証拠。

そうならない為にも、その日の疲れはその日のうちに取るのが鉄則です。
十分な睡眠と規則正しい食生活はもちろん、半身浴やマッサージでデトックスをすると、次の日にはスッキリと目覚める事ができますよ!

短い夏を最大限に楽しむためにも、体のメンテナンスをきちんと行いましょう♪