今どきの結婚式事情!形式よりも気持ちが大事「アットハート婚」って?


結婚式

6月と言えばジューンブライド!そう結婚式の季節。皆さんの友人の中でもこの6月に結婚式を挙げた方はいますか?
最近では結婚式事態を上げないカップルも多いそうですが、それでもある調査によると、交際相手のいる29歳以上の男女の約8割以上が「結婚式をしたい」と回答しているんです。

そして、今や結婚式も昔のように形式にこだわったものだけではなく、ユニークで個性溢れる様々なスタイルが人気なんだとか。

そこで今回は、今どきの結婚式事情を紹介したいと思います!

◆結婚式にも流行が存在

「派手婚」「地味婚」という言葉が以前流行ったのを覚えているでしょうか?
時代の流れやブームによってな結婚式スタイルにも変化があるんです。
そして現在ブームなのが「アットホーム婚」。ゲストや親族も本当に親しい人のみ呼んで、和やかに行う挙式なんだそうです。今は「アットハート婚」とも呼ばれて、主に家族や友人に感謝を伝えることに重きを置いているんだとか。

芸能人も昔は大勢の参列者を呼び、大きな会場で生中継!なんて時代もありましたが、今はほとんどが家族だけでヒッソリと行っていますもんね。

◆費用も今どき!

結婚式、指輪、新婚旅行など結婚するとたくさんのお金がかかりますよね。
これらの費用を合わせると、だいたい300万~700万円かかるのが相場。
若者の結婚式離れが目立ってきた理由には経済面を懸念しての場合が多いのも事実なんです。「結婚式にそんなお金をかけるなら今後の為に貯金したり、少し余裕のある暮らしをしたい」と考える人が増えたんですね。出来ちゃった婚の場合はよほど強くこの気持ちを持つでしょう。

このような状況から、格安で式を挙げられるブライダル会社もたくさん出てきました。
仕組みとしては、結婚式費用をお祝儀や参加費などから工面して後払いにするというもの。

この場合、実費負担は0~20万円程で立派な結婚式が挙げられます。
まさに今どきのプランですよね!これなら例え貯金が少ない場合でも安心です。

◆気持ちが大事!

そしてゲスト側のスタイルも昔とは大きく変化してきました。
装いもマナーに重きをおいたものではなく、お洒落で個性の発揮出来るものが受け入れられています。
また、お祝儀も3万円という暗黙のルールは最近なくなってきているんだとか。

式を挙げる側も祝う側も、感謝と祝福の気持ちを最優先に考える時代になってきたんですね!
いつか訪れるその時に向けて妄想は膨らみますね…♪