「いつも彼のことで頭がいっぱい!」もしかしてそれ、恋愛依存症かも…!?


悩む

大好きな彼のことでいつも頭がいっぱいになっていませんか?「会えない時間はどこで何しているんだろう?」「彼がいない休日なんて何したらいいか分からない!」そんな風に思ってしまっている人は危険!!!!それ、もしかしたら恋愛依存症かもしれません。今回は恋愛依存症の特徴と解決策をご紹介します。

◆そもそも恋愛依存症って?

恋愛依存症とは読んで字のごとく、恋愛なしには生きていけないと考える依存症のこと。通常の恋愛では、安心感が得られるようになった2人の関係は、安定したものと言えるでしょう。ですが、恋愛依存症の人は安心感を得ると、相手に対する欲求がどんどんエスカレートし、知らずのうちに相手に負担をかけてしまっています。束縛もその1つと考えられます。

◆恋愛依存症診断

1つでも当てはまったら恋愛依存症かもしれません…。

1) 付き合い始めると「あなたがいないと私はだめ」と思ってしまう。
2)彼のスケジュールは、全て把握しておきたい。
3)たとえ男友達でも、彼が自分以外の人と遊んでいると嫉妬する。
4)彼との予定が最優先。誘いがあると先約があってもキャンセルする。
5)四六時中一緒にいたがったり、離れていると不安で仕方なくなる
6)何度も「私のこと好き?愛している?」などと聞いてしまう。

◆恋愛依存症から脱却する方法

・スケジュールを埋める

恋愛依存症は一日の中心に恋人や好きな人のことを置いて考えてしまいます。一日の中心に考えてしまうのは、暇な時間があるから。ここは思いっきりスケジュールをつめこんでみましょう。早起きして仕事や学校に行ったり、趣味の時間を作ったり、友人と時間を忘れて話してみたり。他のことに集中できる時間がないと無意識のうちに相手のことばかり考えてしまい、不安になったり、メールをしても返事がこない…などと悩むことになるのです。あなたは暇でも、相手が同じように暇とは限りません。恋愛以外に集中できる時間を作り、相手とのちょうどいい距離感を作っていきましょう。オススメは美容などの自分磨きの時間を作ること!次、彼に会うときまでに、更に可愛くなって会いたいものですよね♪

・自分と向き合い、自分を好きになる

恋愛依存症の人は、自分に価値はないと自己否定している人が多いです。自分を見つめ直し、今の自分を受け入れてみましょう。自分を好きになると、恋愛に依存する事はなくなります。自分を肯定する事は、恋愛に対する気持ちの持ち方や行動を変え、恋愛依存症を克服することができます。

・自分の恋愛パターンを振り返る

恋愛で失敗を何度も繰り返している場合、過去の恋愛パターンを振り返ることが大切です。相手によって恋愛内容は変わりますが、恋愛依存症特有の行動をしてしまっているうちに毎回同じ結果になっていませんか?「疑いすぎて喧嘩になる」「束縛しすぎて呆れられる」「1人になるのが嫌で相手の悪い部分を許してしまう」といった、自分が陥りやすいパターンを理解し、同じ間違いを繰り返さないようにしましょう。

大好きな彼とはずっと一緒にいたいですよね。恋愛依存症は少しの意識から脱却することができます。充実したハッピーライフを送りましょう♪