ストップ!!危ないクレンジング!!まつ毛を傷めないマスカラの落とし方


洗顔

目力に欠かせないのは何と言っても“まつ毛”ではないでしょうか?目力を出すために、マスカラの重ね付けや、ウォータープルーフのマスカラで目力キープに励んでいる人も多いと思います。でも、あなたは大丈夫?その強力なマスカラの落とし方!!もしかしたら日頃のクレンジングでまつ毛にダメージを与えているかも!?まつ毛の傷みが原因で抜けたり、短くなったり、生えなくなったり…取り返しがつかなくなる前に、クレンジング法を見直しましょう☆

◆まつ毛を傷めないマスカラの落とし方

・目元専用のリムーバーを使う

メイク落としでゴシゴシ…は危険!!専用のリムーバーを使いましょう。マスカラは洗顔料やメイク落としでは完全に落ちないこともあります。専用リムーバーで完璧にオフしてください。

・ポイントはコットンの使い方

コットンを2枚用意し、リムーバーをたっぷりと染み込ませます。次に1枚のコットンを2枚になるように裂いてください。裂いたコットン1枚を、まつ毛の下に当てます。指2本を使い、両端を抑えるようにすると安定します。また、できる限りまつ毛の根元に近づけて当てると良いでしょう☆下まつ毛にも、しっかりとリムーバーを染み込ませて!!

・拭き取りは“優しく”

まずは上から下へ、次に目頭から目尻方向に向かって目元全体のメイクをオフします。マスカラはコットンを四角く折り、その角を使って丁寧に落としてください。目元の皮膚はとても薄いので“優しく”がポイント!押し当てても落ちない頑固なマスカラは、コットンを優しく滑らせて拭き取るようにオフ。アイシャドウも同様です。

・細かいところまで完全にオフ

下マスカラ、下ラインも四角く折ったコットンの角で丁寧に落としましょう。ある程度落ちたら、今度は下に当てているコットンを四角く折り、同じように細かい残りの汚れをオフします。特に上ラインは際まで引くため、汚れが残ってしまいがち…。まぶたを少し引き上げて、コットンの角を使うと綺麗に落ちます☆

・仕上げは綿棒で入念に

コットンで落としきれなかったマスカラは綿棒で拭き取ってください。ウォータープルーフマスカラなどの落ちにくいものは、リムーバーを含ませたコットンをまつ毛の下に当てながら、リムーバーを含ませた綿棒で丁寧に拭き取ってあげてください!

少し手間が掛かってしまうかもしれませんが、メイクに掛かった時間だけ、クレンジングにも時間をかけて丁寧に行いましょう!頭皮も不要な成分が残ると毛穴詰が詰まって、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。まつ毛も同様に、日々のクレンジングで清潔にすることが大切です☆