知ってる?歯の健康は美容と深いつながりがあること!


「歯は食べ物を食べる時に必要なもの」と単純に考えている方も多いと思いますが、実は歯によって人間の健康や美容は成り立っているのです。歯の環境やお口の環境が悪いと思いもよらない病気になったり、太る体質(太ってしまう)になったりします。
ここでは歯と美容の関係についてお話します。

★健康的で太りにくい体質をつくるには。

「早食いは太る」ということはよく言われていることですが、ただゆっくり食べれば太らないという訳ではありません。『よく噛んで食べる』ということがとても大事なのです。
*目安は一口最低30回です。
良く噛んで物を食べると脳に刺激がいき満腹中枢を満たしてくれます。脳に指令がいき「食べる量」を制限してくれるのです。そして噛むことにより唾液の分泌が良くなり消化を促してくれます。お腹もスッキリ!!

では良く噛まずに食事をするとどうなるでしょう。良く噛まない食事方法を続けていると食べても、食べても脳へ刺激がいかず満腹感を感じることが出来ずダラダラと食べすぎてしまい、結果しまりのない体を作ることになります。脂肪がつきやすく太りやすい体質になります。

また良く噛んで食べることによって脳に刺激がいくので脳の発達を促し、集中力も増します。将来のことを考えると痴呆への予防にもなります。

歯の健康

★しわや老け顔防止。

「良く噛む」ことにはまだまだイイことがあります。良く噛むことで刺激が頭や顎の骨に伝わり顔の筋肉が発達してくるので顔全体にハリがでてきてしわになりにくく老化を防ぎます。筋肉の発達により顔の表情も豊かになり、その表情豊かな輪郭も維持できるようになります。

・栄養のバランスも考えながら食事を摂る事は大事ですが、同時に柔らかいものばか
 り食べずに噛み応えのあるものを食べるように心がけてみましょう。

歯並びによってもうまく噛み合わせがいかない場合もあるので、歯医者さんと相談してまずはお口の中の環境を整えることも大事ですね。