雨の日でも崩れない!くるくる巻き髪を長持ちさせる方法!

巻き髪

これからジメジメと鬱陶しい梅雨がやってきますよね。やはりこれからの季節気になるのはヘアスタイル!湿気を含んだ髪の毛はうねったり広がったりまとまらなかったり…。何より一番やっかいなのが、コテやアイロンを使ってのセットはほぼ意味をなさなくなってしまいます。
せっかく完璧な巻き髪を作ったのに、会社に着くころにはすっかりダレてしまっているという現状にお悩みの方も多いのでは?
そこで今回は雨の日でも崩れない巻き髪の作り方を紹介したいと思います!

◆巻く前の注意点

まずはきちんとブラッシングをしましょう。
そして、巻き髪用のウォーターローションを髪がしっとり湿る程度スプレーしておきます。
そして、それを一度乾かします。ここが大事なポイント。湿ったままコテを当てた方が良いと思っている人が多くいると思いますが、これはせっかくの巻き髪が水分の重みでだれてしまう原因に。
その為、自然乾燥やドライやーできちんと乾かしてから巻き始めましょう。

◆巻く時の注意点

髪を巻くときは少量ずつが原則。コテにとった髪の幅が3㎝くらいになる量を目安にしましょう。
そして巻いた髪は熱を持っているうちは絶対触らないでください。髪は温度が下がっていく時に癖がつくので、巻いたままの状態でしばらく放置しましょう。

◆巻いた後の注意点

全体を巻いてしばらく置き、熱が完全に取れたら、カールをほぐして整えていきましょう。
仕上げに巻き髪用のヘアスプレーを吹きかけるのですが、これは髪から30センチ程度離した所から、ごく少量を髪全体にふんわりと吹きかけるようなイメージでスプレーしてください。
あまり沢山付けると、スプレー剤の重さでせっかくの巻き髪がダレてしまいます。

以上のプロセスをきちんと辿れば、多少の湿気でも綺麗な巻き髪をキープすることが出来ますよ!
ジメジメ梅雨にも負けず、いつも可愛い巻き髪でヘアセットを楽しみましょう♪