ストレートヘアーを1日中キープ!正しいアイロンの使い方


ストレートヘアー

朝しっかりヘアアイロンでストレートヘアーにしても、いつの間にかうねってる・・・梅雨の時期はよくありますよね。一度正しいヘアアイロンの使い方を見直してみませんか?

■美しいストレートヘアーのHow to

○用意するもの

・ブラシ
・ヘアアイロン
・アイロンをする前につけるスタイリング剤

特にスタイリング剤は欠かせません!つけた方が断然持ちが良いですし、大事な髪を守るのには必須です。

○正しい手順

(1) ブラシで丁寧にとかす
毛先のもつれをしっかりときましょう。髪が絡まった状態でアイロンをかけても、綺麗なストレートにはなりません。髪の中間から毛先にかけてとかしてから、最後に根元からゆっくりとかすようにします。

(2) スタイリング剤をつつける
使用するものによって違いますが、基本的にスタイリング剤をつけてすぐにヘアアイロンをあてても、髪が濡れた状態ですと綺麗にストレートになりません。つけたら少し時間を置いたり、軽く乾かしましょう。

(3) ブロッキングする
数箇所する時間がなければ、上下に分けるだけでも大丈夫です。ブロッキングにはダッカールやピンなどを使います。これをするとしないとでは、仕上がりが変わってきます。

(4) 根元からしっかり
根元から毛先まで一気にかけるのではなく、根元・中間・毛先に分けてアイロンをかけます。また、何度も同じ部分にアイロンをあてるとダメージが直にかかってしまいます。右側の次は後ろ、その次は左側と順番にあてるとダメージを抑えることが出来ます。

(5) 中間から毛先に
最後に毛先にアイロンを滑らせます。毛先に熱を加えるときは、すぐにはアイロンを離さず最後まで同じ速度でアイロンをかけると毛先がまとまりやすくなります。根元・中間・毛先にアイロンをかけたら、根元から毛先まで一度全体に滑らせましょう。

いかがでしたか?毎日使っているヘアアイロンですが、正しい使い方を見直していつもより綺麗なストレートヘアーに仕上げましょう。