「尽くす女」の落とし穴。幸せな恋愛の為にやるべき事、やってはいけない事。

恋愛

恋人や好きな人の為に綺麗になる!そう決意して努力する女性のいじらしい姿に男性はグッとくるもの。
綺麗になった姿を見て彼が喜んでくれれば、またこちらも嬉しい。
一見みんなが幸せそうに見えるこんな恋愛ですが、実は思わぬところに落とし穴が潜んでいるのです・・・。
今回は「彼のために!」と尽くす女の真意を考えてみたいと思います。

■彼氏のためにやるべきこと、やってはいけないこと

その落とし穴とは「尽くしすぎてしまう」こと。尽くすとは何も、母親のように至れり尽くせり面倒をみたりわがままを聞いてあげることだけではありません。

彼のために時間、心、手間、お金を少しでもかけるすべてのことはあなたが「尽くしている」ことになります。
もちろん、尽くすことは悪いことではありません。相手を思いやる気持ちがあれば“喜んでもらいたい”と考えることは普通のことです。
大事なのは「やりすぎないこと」。ちゃんと限度を知ることが重要なんです。

◼︎これはNGです!

それでは彼にしてはいけないことをいくつか挙げていこうと思います。

◎お金を渡す

これは言語両断です。お金をわたすこと、また度々こちらだけが食事代やデート代を出しているような状況は完全にアウトです。

「大好きな彼が困っているし…」「大した額じゃないし」とお金を用立ててしまうとあなたと彼の関係はただの「ビジネス」になってしまいます。しかもこちらの利益はゼロという馬鹿らしいだけのビジネスに。

損得を計算した上での恋愛ほど虚しいものはありません。
本当に彼のことを思うなら、1円だってお金を出してはいけません。(もちろん、特別な日のプレゼントや割り勘、いつも出してくれている彼へのお礼を込めた上での出費などは別ですよ)

◎あなたの自由を侵害するお願いに応える

付き合っていれば、様々な要求もあるでしょう。それはファッションなど小さいことから発言や行動の制限などなど。
恋は盲目という言葉もあるくらいですから、大好きな彼の為ならどんなお願いも聞いてあげちゃう!という人も多いのでは?
しかし、これは完全にNG。

そんなことをしてしまったらあなたは彼にとってただの都合のいい女になってしまいます。
そうならない為の線引きとして、その彼のお願いは「あなたの自由を奪っていないか」という基準が大事になってきます。

あなたが我慢すれば済むという単純な問題ではありません。“誰かを犠牲にして自分の希望を叶える”ということが癖になってしまった男は人の気持ちがわからない残念な人間になってしまうでしょう。それはもちろん彼の為にはなりません。

■何より大事なこと…

さて、これまでツラツラと「してはいけないこと」を書いてきましたが、今度はするべきことです。
これはただひとつ。「あなたが自立すること」です。彼のために尽くしすぎてしますという行動の裏には「彼に嫌われたくない。必要とされたい。1人になるのが恐い」などの恐怖心が潜んでいます。
つまり、あなたの心が彼に必要以上に執着して、依存してしまっているからこそ、あれもこれも言うことを聞いてあげてしまうのです。

あなたの心がきちんと自立すれば、必然的に彼のお願いに線引きができるはずです。
また、ちゃんと自立した女性にはおのずと自立した男性との縁があるはずです。

いかがでしたか?
今回は尽くし過ぎてしまう女性に対してのお話でしたが、逆にわがままを言いすぎてしまう人も、考え方は同じです。
きちんと精神的に自立して、相手の自由を奪うようなことはしないようにしましょう。

そうでなければ、お互いを尊敬し思いやれる本当に幸福な恋愛なんて夢のまた夢です。