何もしていなじゃ許されない!日焼けした後のケアってとても大切なんです!!!!

海

日焼け止め、サングラス、帽子に日傘…日焼け対策はこの時期欠かせません。けれど、どんなに頑張って対策を講じていても日焼けしちゃいますよね。そんな時、あなたは日焼け後のケア、していますか?何もしていないなんて絶対ダメ!今回は日焼け後の正しいケアを紹介します。

◆冷やす

日焼けはやけどと一緒。やけどしてしまったらみなさんは冷やしますよね?それと同じように日焼け後の肌を冷やすことで、発熱や火照りを抑えることができます。

正しい冷やし方
・凍らせた保冷剤をタオルに巻いたもので冷やす
・タオルで顔を覆い、タオルの上から冷水を5分浴びる
直接冷やすと肌の乾燥を悪化させる恐れがあるので、絶対に直接氷などを当てるようなことはしないでください!

◆保湿

日焼け後の肌は乾燥しているので水分補給と保湿が大切!しかし、ただ化粧水を塗っただけの保湿ではいけません。

・化粧水は合成界面活性剤が入っていないものを

合成界面活性剤はお肌にとって大切なバリアゾーンを破壊します。その結果、他の化学物質がお肌の中に侵入してしまい、原因不明の肌荒れや乾燥を引き起こしてしまいます。

・手作りパックが効果アリ

手作りパックは市販のものと違い、ビタミンやミネラルをそのままお肌に吸収させることができます。敏感肌でお困りの人には特にオススメ☆

バナナパックの作り方
【材料】 
バナナ 1本(無農薬だと更に良い)
オーツ麦 1/4カップ
ハチミツ 大さじ1

① バナナ1本をピューレにする(フォークで細かくつぶすも良し!フードプロセッサーを使うも良し!)
② オーツ麦とハチミツを加えて混ぜる
③ オーツ麦が水分を吸って、柔らかくなったらできあがり!

◆しっかり睡眠を摂る

お肌のターンオーバー(修復)には成長ホルモンが欠かせません。このホルモンは睡眠中に増えるものなのだそう。紫外線によるダメージを受けた肌のケアは、きちんと眠ることが大切なんです。

熱がおさまってからの保湿ケアが、シミの予防や軽減に繋がってきます!日焼け後のケアをしっかりして、シミのない美しい肌を保ちましょう♪