浴衣ブスになってない?正しいマナーで浴衣美人に生まれ変わろう!


浴衣

夏と言えば浴衣デートも楽しみの1つですよね♡けれど彼にかわいいと思って貰いたいあまりに、見た目ばかり気にして“浴衣ブス”になってしまっていませんか?和服の正しいマナーを身に付けて浴衣デートを成功させましょう!

◆浴衣ブスになってしまうNGシーン

・浴衣が着崩れしている

一番気になるのが浴衣の着崩れ。やっぱり和服は綺麗に着るもの!気付かないうちに着崩れている場合もあるのでこまめにチェックしてあげてください。

・猫背・がに股

猫背やがに股の女性は残念ながら美しいとは言えません。特に浴衣のときは目立ってしまいます。これは浴衣のときだけでなく、普段から気を付ける習慣をつけましょう。

・清楚らしさがない

浴衣と言うと大和撫子、清楚、しおらしさというイメージを抱く人も多いはず。髪の毛がモリモリしていたり、大股で歩くなど…浴衣には合わないですよね。見た目が清楚であることはもちろん、行動や振る舞い方もいつも以上に上品でいるように心掛けたいものです。

・浴衣と小物が合っていない

最近よく目にするのが、浴衣を着ているのにビーチサンダルやミュールを履いている女性です!せっかくの浴衣がこれでは統一感がなくなってしまい台無し…。夏らしい下駄がやっぱり浴衣には一番なのです☆また、ブランドのショッパーやド派手なバッグではなく、和物のバッグを用意することをオススメします。1つでもチョイスを間違えてしまうと、その部分だけが浮いて見えるので要注意!!!!

◆浴衣美人になるためのマナー

・座る、立つ時は片足を一歩引く

片足を少し引き、両膝を曲げて片膝ずつ畳につけながら正座します。椅子のときは帯を背中と背もたれで潰してしまわないようすることと、裾がシワにならないように気を付けましょう!また、座り方は正座か斜め座りがピッタリです。座る時に着崩れしやすいので、浴衣の裾を少し上げながら座ってくださいね。

・歩くときは小股で

歩幅はいつもより小さめにして上品に歩きます。より美しく見せるには内股ぎみに歩くのがポイント!階段を歩くときは、前の裾を少し持ち上げると歩きやすいです。

・手を伸ばす時は袖に注意!

手を伸ばすときは必ず片方の手で袖を押さえましょう。大変かもしれませんが、ここまで気を遣うとより浴衣美人になれます♪また、お料理などを取る際にこれを行うと、他のお料理に袖が入ってしまうのを防ぐことができます。

◆浴衣トラブルの対処法

いろいろ気を付けていても、着慣れない浴衣にはトラブルはつきもの。その対象法をご紹介!

・トイレに行く場合

浴衣の上前から裾の端っこを上に持ち上げ、帯の上部にはさみ込みます。これで浴衣が汚れてしまうのを防げます。

・裾が下がってきてしまった

動いて裾が開いてきたり、下がってきたりした場合には、腰紐の上にあるおはしょりを前後均等に引っ張ってみてください。落ちてきてしまった裾を上げることができます!

・帯がゆるんできてしまった

帯がゆるんできてしまったときは、ハンカチや小さめなタオルなどを畳んで、後ろから浴衣と帯の間にはさみます。

・下駄の鼻緒が当たって痛いと感じたら

鼻緒が長すぎるなと感じたら、履く前に鼻緒の長さを調節しておきましょう。薬局で入手できる、指の間の痛み止め専用グッズを用意しておくこともおすすめです!また、万が一靴擦れをしてしまった場合のことも想定し、絆創膏も忘れずに☆

着慣れない浴衣といものは大変ですが、正しいマナーを身に付けるだけで数倍美しく見えます。浴衣美人になって、いつもと違う“優雅な私”で彼を虜にしちゃいましょう♪