サラサラ臭わない!暑い夏でも快適に過ごせる「良い汗をかく方法」!

良い汗

これからの季節、紫外線よりも気にしている人が多いのはずばり「汗の臭い」ではないでしょうか?急いで乗り込んだ電車やなどで自分は臭っていないかとヒヤヒヤした経験をお持ちの方も少なくないのと思います。

いつでもふんわり良い香りのする女の子でいたいけれど、女の子だって暑ければ汗をかくし臭いだってもちろんあります!が、世の中はそれを許してはくれません。
そこで今回は、夏の臭い対策について詳しくお話したいと思います!

■良質な汗とは?

臭いも気になるしメイクも崩れるし、汗は本当にやっかいですよね。
出来れば汗はかきたくないものですが、専門的な手術でも受けない限りは無理な話です。むしろ、代謝を上げ体の巡りを良くするためにもどんどん汗を外に排出してデトックスした方がいいんです。
その為、「汗をかかない」努力ではなく「良い汗をかく」努力をすることが大事なんです!

良い汗とはつまりサラサラで臭わない汗!
そんな良い汗をかくためにはどうしたらいいのでしょうか?

■かけばかくほど綺麗になれる汗!

まずは良い汗と悪い汗の違いを知りましょう!

◎良い汗

・サラサラですぐ乾く
・臭いがしない
・舐めてもあまりしょっぱくない
・汗をかいたあとスッキリする
・体温が上手に下がる

◎悪い汗

・ベタベタしていてなかなか乾かない
・臭いがキツイ
・しょっぱい
・汗をかいたあと不快感が残る
・体温が上手に下がらない

悪い汗の方は見るからに臭いそう・・・

■2週間トライ!良い汗をかける体を作る!

良い汗をかくためには、「運動などで普段から適度に汗をかく」「食べ物に気を付ける」など様々な方法がありますが、今回はその中でも入浴方法を紹介します!

①熱めの湯で手足浴
43~44℃の熱めの湯に、ひじ先とひざ下を10~15分ほど浸けます。ちょっと変な恰好になりますが、お湯を浅く張って椅子などに座るとやりやすいです。
手足に多くある「休眠汗腺」を集中的に温めることで汗腺が目覚め、鍛えられるので良い汗をかきやすくなります。

②ぬるま湯で半身浴
そのあと、お湯を足して36℃くらいのぬるま湯で半身浴を10~15分行います。

③水分補給を忘れずに!
お風呂からあがったら水などでしっかり水分を補いましょう。せっかく汗をかいても体内の水分が少なければ上手く循環しません。

騙されたと思ってこの入浴方法を2週間続けてみてください。
汗の質が変わっていくのが実感できると思います!

■サラサラ汗で夏も快適!

暑い夏でも、サラサラの爽やかな汗なら自他共に不快に感じることはありませんよね♪
しかも、デトックス効果は美肌にも繋がっていくので一石二鳥!
皆さんも是非試してみてくださいね♪