2014年、冷夏になったら何着る?


冷夏

近年、記録的猛暑が続き多くのところで様々な被害が出るなど、日本の夏がどんどん過酷化してきていましたよね。
そして今年も夏がやってきます。しかし、噂によると今年の夏は『冷夏』になるそうなんです!
たしか数年前にも“寒い夏”があった記憶が…!あれが今年の夏に再び訪れるのなら、それなりの準備が必要です!
そこで今回は夏服を買ってしまうその前に、冷夏対策を考えてみたいと思います!

■冷夏とは?

今年冷夏が予測されているその理由は「エルニーニョ現象」が起こっているからなんです。
中学生の時に地学か何かで聞いた記憶があるぞ…という人も多いのでは?

まるでサッカー選手の名前のようなこの現象は、南米のペルー沿岸の広い海域で海の温度が平年に比べて高くなり、その状態が1年程度続くこと。
ひとたびこのエルニーニョ現象が発生すると、日本を含めた世界中で異常気候が起こると考えられているんです。

そして今年はそれが発生する見込みで、その影響で季節の進みが遅くなると予想されているんだそう。

地球って不思議。

■カーディガンもいいけれど

気温が下がるだけではなく、梅雨明けもずれ込み日照時間も短くなると予測されています。ですから、猛暑続きだった例年通りの感覚でファッションを考えていると「寒い!」となりかねません。と言って、いつもカーディガンを羽織っていてもいまいちパッとしませんよね…。
そこで今のうちから冷夏対応ファッションを考えておきましょう!

■肌寒い夏のファッションを考える!

◎薄手のジャケット

ジャケットはガーリーにもボーイッシュにも使えるアイテム。ですが、夏には少し暑すぎるので避けられていましたが、今年の夏は薄手のものなら丁度いいかもしれません!

◎タイツ、トレンカ

肌寒い時に役立つお洒落アイテムはやはりタイツ類。トレンカならばサンダルやミュールも合わせられるので、20デニールくらいの薄手のものをチョイスして足元お洒落を楽しみましょう!

◎ストール

ストールは夏の女性の味方です!
冷房などでもちょっと肌寒いと感じた時にお洒落に防寒ができてしまいます。
薄手のものをバックにいつも忍ばせておくと便利。あんなに薄くても、いざという時あるとないとでは天と地の差!

■微妙な気候こそお洒落が楽しい!

真夏や真冬の分かりやすい気候よりも、一枚羽織って丁度いいくらいの微妙な時が一番お洒落の幅が広がります!
いつもの夏服に冷夏ならではアイテムを取り入れて、今年の夏も快適に過ごしましょう♪