梅雨時のスキンケアこそ「保湿」が大事って本当!?


梅雨のスキンケア

あっという間に5月が過ぎ去り、今年も梅雨の季節がやってきましたね。ジメジメした空気のせいでヘアセットやメイクが上手くいかず、なんだか気分もブルーになってしまいがちです。
ところで、「梅雨時のスキンケアは、ベタつきを抑えるために化粧水だけ」なんて人は、思わぬ肌トラブルを招いてしまうということをご存知ですか?今回は、梅雨時のスキンケア方法についてご紹介します。

■べたつく梅雨でもやっぱり「保湿」は欠かせない!

梅雨はどうしても肌トラブルが起きやすい時期です。正しい方法でケアをし、少しでもトラブルを回避しましょう。

○保湿ケアをしっかり

肌のベタつきは、水分ではなく油分によるものです。ベタベタしているからといって保湿を怠ると、肌の内部が水分不足になり、皮脂を過剰に分泌してしまいます。また、クーラーの風で乾燥肌を引き起こしてしまう事も。化粧水だけでなく乳液も使って、肌の内側の水分をキープしましょう。

○毛穴の掃除を入念に

梅雨時は汗をかくことにより、いつもより毛穴に汚れが溜まりやすくなっています。パックやスクラブ等で定期的にケアをしましょう。

○引き締めが肝心!!

毛穴のケアをしたら、開いた毛穴を閉じることを忘れずに。化粧水をたっぷりと浸透させてあげましょう。その際、抗菌性のある化粧水を使うと、菌による肌トラブルを未然に防ぐことができるのでおすすめです。

■「汗腺」を鍛えて美肌をキープ

梅雨時に肌トラブルが起きやすいのは、汗腺の働きと皮脂分泌のバランスが崩れてしまうためです。冬の間に汗をかく機会が少ないと、汗腺が衰え、老廃物を含んだ汗をかくようになります。これがニキビ等の肌荒れの原因となったり、ベトベトした気持ち悪い汗が出ることに繋がるのです。

【汗腺を鍛える方法】
・週に2~3回、適度な運動をする
自然に汗をかくことが一番です。

・36℃程度のお風呂に10~15分入る
半身浴でも構いません。湯船にりんご酢かバスソルトを入れると、より効果的です。

・生姜を食べる
体を温める鉄板食材の生姜。食べ物や飲み物に取り入れると、疲労回復効果も期待できます。

いかがでしたか?
正しいスキンケアで、今年の梅雨は清々しく乗り切りたいですね!