今すぐ要改善!今摂っている「それ」が、老化を早めています…!


老化

女子の皆さんは、スイーツ好きですか?

ついつい甘いものに手が伸びてしまう時ってありますよね。

でも、ちょっと待って!!

毎日摂り続けている糖分が、身体をむしばんでるかも…

今私たちが気を付けるべきは、「抗糖化」です。

必要以上の糖の摂り過ぎは、老化を早める天敵なんです。

食べ過ぎは良くないと思いつつ、ついつい甘いものを食べてしまう。

甘いものは中毒性があり、無性に食べたくなる時ってありますよね。

そんな誘惑に勝つために、糖が引き起こすコワーイ現象をご紹介します。

これを知ったら、今すぐ食生活を気を付けるかも!?

◆糖化とは?

糖がタンパク質と結合して、変化して劣化する現象のことを言います。

◆糖の摂り過ぎは、肌のくすみや黄ばみを引き起こす。

日焼けえをしてないのに、肌の色が濃い…
スクラブをしても、何となく肌が明るくならない…
と感じたら、糖の仕業かもしれません!

体内で代謝しきれなかった余分な糖がたんぱく質と結びつくと、肌への悪影響だけでなく、髪の毛が抜けやすくなります。

◆ちゃんと睡眠を取っているのに、眠い…何だか身体がダルい…

そんな時、糖分を摂らなきゃいけないと思いがちですが、むしろ摂り過ぎているサインかもしれません。

◆糖分とは砂糖だけではない!?

糖分とは、砂糖だけでなく、米や小麦などの炭水化物に含まれる糖質や、ジャガイモなどに含まれるでんぷんも同じです。

つまり、食べて体内に入った時にブドウ糖に変わるものはすべて糖分なんです!

では日常でどれくらいの糖分を摂っているのか、シュミレーションしてみましょう。

例えば、朝食に菓子パン、間食に飴やチョコレート。

昼食に丼ものやパスタ、間食にスナック菓子やジュース、砂糖入りの缶コーヒー。

夜はアルコールを飲みながら、コロッケやポテトサラダを食べたり、肉じゃがなどの甘い煮物と一緒に白米を食べる。
そして、デザートにお菓子を食べる…

かなり一般的な食生活のように見えますが、この食事では9割以上が糖分です。

今一度、食事を見直して糖化した身体から抜け出して
キラキラ女子を目指しましょう☆