「香水を付けない女性に未来はない」ココシャネルの名言から読み解く、香水とオトナの女とは?


香水

皆さんは普段香水を付けていますか?これまで“香水は苦手”と嫌厭していた人も、香水はずっと付けているという人も、20代後半から30代で改めて香水について考えてみませんか?
今回は「香水と大人の女性」と銘打って、これからの香水との付き合い方を考えていきたいと思います!

◆「香水を付けない女性に未来はない」

こう堂々と言い放ったのはあのファッション界の女帝、ココシャネルです。
なるほど、あの世界的ファッションブランドCHANELのデザイナーであり創始者である彼女らしいスケールの大きい名言ですね!

しかし、シャネルがこう断言してしまうくらい、香りには人を魅了する力があるんです!
見た目と同じくらい、またはそれ以上の印象を相手に与えるのが「香り」です。
そんな影響力のるツールが、無臭であったり間違ったつけ方・選び方によって異臭になってしまってはせっかくのチャンスを棒に振ってしまう事になるかもしれません!

◆「香水=ケバい」は間違い!

日本に置いて、未だ香水を付けるという行為は厚化粧の延長というイメージがありませんか?たしかに、ギラギラに飾りつけている派手な人は香水がキツめなことが多いですが…。

マリリンモンローの名言の一つに「眠る時に身に付けるのはシャネルの5番だけ」というものがあるのをご存知でしょうか。
つまり、モンローは裸に香水だけ付けて眠っていたというセクシーなエピソードなんですが、香水は本来こうあるべきだと思うのです。

香水は自他ともに優雅で心地良い状態に導いてくれるアイテムとして、寝るときのようなリラックスタイムにも付けられるくらい、ナチュラルで身近な存在にることが理想。
ですから、バッチリメイクの仕上げに香水を付けるのではなく、すっぴんのようなナチュラルで飾らない姿に一吹きする方が香水の本来の用途に近いのでは?と筆者は考えます。

◆色気は目に見えないけれど

そこで、30代前後の落ち着いた大人の女性にこそ香水を付けて頂きたいのです。
ファッションやメイクも若い頃に比べてだんだんシンプルになってくる年代に、ありのままの姿を活かす唯一の足し算として香水を提案します。

あくまで主観ですが、バッチリメイクで決めた女性とナチュラルメイクの女性が、もし同じ香水を使っていたとしたら、断然後者にオトナの色気を感じるんです。

香りは目に見えないからこそ、時に大きな力を持ちます。
皆さんも、オトナの女性の第一歩としてお気に入りの香りを見つけてみてはいかがでしょうか?